<< ep.03 花と別れとシダレザクラ 04 (下書き) | main | 黒子のバスケ、書店の対応 >>
スマホの電池持ちについて

周辺でスマホの電池持ちについて悩んでいる方が意外に多いので、
少し考察してみようと思います。
下は、私のスマホ au xperia is12s の実行中アプリ画面と、電池の状況画面です。
 

すいません、右の電池の画面、スクリーンショットがうまく取れずに文字が隠れています。
「76%-充電していません」の下には「電池使用時間:21時間42分」と続くはずでした。

さて、電池の使用状況についてなのですが、100%に充電してから76%に減るまでに何をしたかというと、音楽を3時間ほど聞きました。これは10%程電池を消耗しています。
メールを数回チェックしました。
21時間のうち、18時間ほどはスマホを触っていない時間です。
音楽を聞いていなければたぶん86%くらいだったはずで、メールチェックくらいしかしてなければ24時間でだいたい85%なんです、いつも。
待ち受け状態で全然スマホを使っていないときは、3日くらいほっておいても60%だったと思います。

しかし巷ではスマホは何も操作していないのに1日と持たないと嘆いておられる方がいらっしゃるとか・・・。
むぅ。日本製スマホは余計なアプリがいっぱい入っとるからのぉ。

スマホの電池持ちのポイントは2つ。
(1) 実行中画面に出てくるアプリを、いつも使っている最小限のアプリだけにすること
(2) インターネット回線は繋いでいるだけで電池を消費すると心得るべし

要はインストールしているアプリケーションの問題なのね。
なので、もう一枚のスクリーンショットはアプリの実行中画面にしました。
大事なのは「RAM 191MB空き」ってところ。
これは余談ですが、理想をいえば常に100MB以上空けておきたいです。
なぜかというと、ちょっとブラウザで調べごとしたり、オンラインゲームのアプリを立ち上げたり、動画を再生したりすると、100MBの空きなんてあっという間に使い切ってしまうからです。

あ、ちなみに知らない方のために解説すると、メモリにはROMとRAMがあり、ROMはディスク容量、RAMはキャッシュメモリというやつです。
RAMが大きいほど余裕を持ってアプリを実行できます。
RAMの容量を越えてアプリを使うと、アプリが突然強制終了したり、動作がおかしくなったりします。南無阿弥陀仏。
アプリの挙動がおかしいからといって「このアプリには不具合がある、けしからん。アプリを作った人達に文句を言ってやる」と仰る方がいますが、前述のごとくRAMの容量を越えてアプリを使っていた場合はそもそも自分の責任なのね。お門違いなのね。

「RAMだとかキャッシュだとか、なんでこんなに分かりにくいんだぁー!糞。」
と思う方はiphoneを使って下さい。
androidはそもそもカスタマイズ前提で作られているようなOSなので、使う人がきちんと管理できないと上手くいかないのですよ。
そしてiphoneなどのiOSでは前述のRAMの問題はApple側で強制的に常駐するアプリを減らしたり、極力バックグラウンドで稼働させないよう仕組んでいるので大丈夫なのです。
そうしてiphoneではシステムをガチガチにホールドしてるから、カスタマイズしにくいのです。
androidとiOSのどっちが良いかは本当に個人の好みですね。
余談は以上でした。

【電池持ちをよくするポイント(1) 実行中画面に出てくるアプリを、いつも使っている最小限のアプリだけにすること】
知らないアプリや使っていないアプリがあるなら、容赦なくアンインストールすべし。
そして電池使用状況画面で上から1番目がAndroidシステム、2番目あたりにセルスタンバイとなっているか確認すること。この並び順でない場合は要注意。1番目がAndroidシステムでない場合、その1番目のアプリが一番電池を消費しています。
1番目がセルスタンバイの場合は常時通信をするアプリがいることを疑ってください。Wifi、3G、LTE、BluetoothあたりをOFFにするとセルスタンバイに消費する電力が減ります。

【電池持ちをよくするポイント(2) インターネット回線は繋いでいるだけで電池を消費すると心得るべし】
インターネット回線は繋いでいるだけで電池を消費します!
Wifi、3G、LTE、Bluetoothは使っていないならOFFにしたほうがいいです。
でもいちいち手でOFFにするのは面倒くさいので、私はシーンスイッチやスマートコネクトというアプリを使って自動化してます。例えば夜寝ている間、24時から翌朝7時くらいまでは、一切のインターネット回線をOFFにしています。
だって四六時中スマホをいじらないじゃないですか!
よく使う時間帯だけ自動的にインターネット接続ONにすればよろしい。
インターネット回線を一切OFFにしても、最近のスマホは電話の着信できるし、キャリアメールも「メールがサーバに届いています」という通知がくるので問題ありません。
スマホによってはプリインストールで省電力用のアプリが入っているので確認してみてください。

以上、参考になれば・・・。
日記 09:59 comments(0) trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akitsushima.tonbo.versus.jp/trackback/33
トラックバック