「カザキリ」やなぎなぎ
JUGEMテーマ:アニメなんでも

最近「ノルン・ノネット」というアニメを見終わって、
テーマソングが琴線に触れたので久々にブログに書きたくなりました。

---------------------------

守る代わり風切り羽を折った
bird in a cage

---------------------------

冒頭は上記のようなフレーズで始まります。
風切り羽を折る・・?
やなぎなぎさんの声が優しく穏やかなので聞き逃してしまいそうなのですが、
意味を考えると切なくなります。

「ノルン・ノネット」を知らない人のために説明すると、
このアニメは女性向けゲームをもとに制作された恋愛ものの物語です。

主人公は可愛い女の子で、9人ものイケメン(美少年および美青年)の中から1人選んで恋をします。
ゲームでは選択肢によってストーリーが分岐し、さまざまなエンディングを楽しめます。

乙女ゲーム、恋愛ものと聞けば、好みのイケメンと恋をするだけの単純ストーリーと思いがちですが、
この「ノルン・ノネット」は背景がひと味ちがう。
主人公たちは最近のファンタジーにありがちな超能力者(炎や水を操ったりする)なのですが、
その能力の正体と目的が物語後半に明かされます。

その目的とは・・
過去、人類の文明が発展すると必ず勃発する世界規模の戦争、その大虐殺と汚染をとめるため、文明を初期化するリセット計画が発動されました。
具体的には、発展しすぎた文明を、インドラの矢かソドムを滅ぼした神の火のごとく、焼き滅ぼし、人間の記憶を消し、自然を活性化させ、縄文時代付近?まで文明レベルを戻してしまおうという神的計画です。
ノアの箱舟のように一部の人間だけ残して、都合の悪いものは洪水で押し流して世界を作り直す、神の所業ですね。
主人公たちの能力は、なんとこのリセット計画のためのもの、つまり世界を滅ぼすための能力なのです。

乙女ゲームなのに重い!
しかも若干SF気味・・。

だいたい2000年くらいごとにリセットが行われてきていて、主人公たちの時代が4回目だったか・・
アニメの最終局面では、主人公たちはリセットをするか否かを決断することになります。
そして、最終回らへんの登場人物の台詞で、テーマソングの冒頭の意味が暗示されます。

この世界は鳥籠・・
守るために風切り羽を折った・・・・・皆で穏やかに暮らすために文明が自由に発展する未来を摘み取ったということ。

「鳥籠の中と外、どちらに幸福があったのか」

登場人物がそうつぶやくシーンがあるのですが、その問の答えは、カザキリの最後のほうの歌詞にありそうです。

---------------------------

ねえ もしも自由に飛べるとわかっても
bird in your hand
傍で歌い続けてるよ

---------------------------

カザキリの2番の歌詞で「ちっぽけなこの枠から抜け出そう」「檻を開け放ったなら」とあるように、アニメの結論は、リセット計画の破棄で、これからは自由に文明を発展させますよ、という終わり方でした。
けれど、最後の歌詞で、自由に飛べるとわかっても貴方の手の中にいる、とあります。

鳥籠の中にも幸福があった。

この物語はどのルートを選んでも、リセットについて登場人物が悩むことになります。
今まで積み上げてきたものを無くすことを簡単に選べる筈がない。
というかテーマが重すぎて、リセットについて真面目に考えると色々討論できそうです。
ゲームの製作陣もこのテーマの重さについてある程度承知しているようで、リセットを単純悪とはしていない、むしろリセットを肯定的に見せている部分もあります。
それこそ、鳥籠の中にある幸福ですね。

ところで「ノルン・ノネット」のテーマソングとしてではなく、純粋に歌の内容について考えたとき、
また違った意味も考えられます。
この歌はおそらく恋愛の歌です。そして恋愛の歌として見たとき、どちらかというと大人向けの意味合いを持った歌にも聞こえます。
恋愛はお互いを慈しむのと同じだけ、傷つけあい、束縛しあうものです。
最後に恋愛の歌として「カザキリ」を聞いたときの、歌の意味を書いてこの記事は終わりとします。


どんなに貴方が酷い人だとしても、貴方が好きだから、
貴方が私を自由にすると言っても私は貴方から離れない。
ずっと傍にいるよ。

 
音楽・アニメ 21:44 comments(0) trackbacks(0)
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 私は想像する
前回に引き続き、思うところがあったので記事作成しました。
今期のアニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のオープニング「私は想像する」を聞いて感じたことです。

「Preserved Roses」に比べると、この歌の歌詞の目的ははっきり分かりやすいです。
いくつか主題をまとめるなら、

 ・人の性格は遺伝で予め決められたものではなく、経験や環境が形作る
 ・機械みたいな単純明快さではなく、激しくて複雑な感情が欲しい
 ・欲望に忠実になってもよい

感情を学ぶことで人間になっていく、機械は完璧だけど人間は愚かで不完全。
それでも”規定外の何か”になれる・・・。

そういう歌詞の内容のようです。

たぶん、なんですけど、「私は想像する」って想像という行為が人間独自のものだと言いたいのではないでしょうか。


2013年春から始まった3つのロボットアニメ、
 革命機ヴァルヴレイヴ
 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
 翠星のガルガンティア
を見て感じたことは、どの作品も実は共通のテーマで”原点回帰”だなってことです。

どれも無機質な人間から、感情を大切にする人間へ還ろうというメッセージが見られます。
 不老不死にされた主人公と革命を主題とするヴァルヴレイヴ。
 遺伝子操作で生まれ、記憶を消された主人公達の成長を描くマジェスティックプリンス。
 戦いだけに生きてきた兵士の主人公が、ガルガンティアで感情を知る。
こうやって並べてみると結構似てません?
(う〜ん、ヴァルヴレイヴはファンタジーかな。)

私にとってSFは、幼い頃に読んだ『歌う船』(アン・マキャフリー原作 創元SF文庫)のイメージです。まあ、『歌う船』はSFファン向けの作品ではないみたいですが。
今期のロボットアニメ見ていると、古き良きSFを思い出すんだよなぁ。


音楽・アニメ 18:33 comments(0) trackbacks(0)
革命機ヴァルヴレイヴ Preserved Roses
 アニメ「革命機ヴァルヴレイヴ」のオープニング曲について、
前々からどういう意味の歌詞か気になっていました。
物語が放送されるにつれ、何となく分かってきたので「Preserved Roses」の歌詞を解釈してみました。


 短い夢を重ねて
 永遠にして逝く花の
 偽りが切ない
 閉じ込めた生命の
 孤独を君に捧げる Preserved Roses


ここでの「花」はズバリ、人間のことだと思います。
短い夢を重ねて永遠にしていく、とは、親から子へ受け継がれる命の循環を耽美に表現しているようです。泡沫夢幻という言葉がありますが、人の命は儚く夢のごとく過ぎる、人生という物語(=夢)を積み重ねて人間という種族の物語は永遠に続いて行くわけです。
ちょっと大げさですが。
ところが!
ここで「偽りが切ない」と続いています。
「閉じ込めた生命の孤独」とはつまり、人としての生死の循環の輪から外れてしまった、異形の者の孤独です。つまり死のうとしても死ねない、永遠の命かな。
Preservedの意味は、完全なままである、または特定の状態に保つことです。
腐らないように人工的に保管された花、それがPreserved Roseなのです。

どうしてこういう想像に至ったかというと、
アニメの中で主人公ハルトの身に起こったこと、彼の台詞が関係します。
正体不明のロボット、ヴァルヴレイヴに乗ったハルトは銃で撃たれても死なない体になってしまいました。エルエルフに「化け物め」と罵られ、友達に「バンパイヤ」みたいと言われ・・
本人も悩んだあげく、好きな女の子への告白を早々に諦めてしまいました。
「こんな化け物の体になってしまって、告白なんてできない」
そういう台詞を言うのです。

バンパイヤと薔薇の花は何故か一緒に描かれることが多い気がします。不死の生き物と腐敗しないよう保管された薔薇の花の取り合わせ、どこかの物語であったような・・・
すいません、忘れました。

とにかく、ヴァルヴレイヴの主題のひとつは、普通の人間ではなくなってしまったハルトの孤独であるわけです。

そうすると続きの歌詞の意味も分かってきます。

「躰の奥に溢れるものを人と変えているだけ」人間の定義って実は曖昧なんですよ。。二足歩行することが人間の条件なら、足が不自由な障害者は人間じゃないんでしょうか、限りなく人間に近い心を持ったロボットは?(屁理屈ですが)。
でもこの条件を満たせば人間ですよっていう条件を決めるのは難しいことは事実です。
ハルトは人間では無くなってしまったんでしょうか?
躰の奥に溢れるもの=心があれば人間なんでしょうか。

暗い内容の歌詞ですが、更に続きを読むと希望が提示されています。
「光と闇のどちらにでもいれる。怖がらないで、望まむ朝はもうこない」
「鮮やかだけを繰り返し、繋がり、終わり、君はまた・・」
バンパイヤは日の光を浴びると死ぬらしいですが、ハルト君は光と闇のどちらでも大丈夫らしいです(え?そういう意味?)。冗談です、そういう意味ではありません。
こういう不死の人が主人公の話でよくあるのが、毎日がだらだら過ぎていく、今日も明日も変わらない停滞感です。生と死が対である以上、死ぬことができない=休憩できないで走りっぱなし⇒生きるのがつらくなります。生が明るい日中のことなら死は夜のこと、夜が来なければ今日は終わらず、明日は来ません。
「望まぬ朝」とはおそらく、”目が覚めても昨日と同じような今日だ。死ぬことができない。この憂鬱な状態が明日も明後日もずっと続くんだな”とがっかりする朝のことでしょう。
続きの歌詞は「鮮やか」であり「繋がり」と「終わり」があると歌われています。
喜びと悲しみ、出会いと別れ、古いものと新しいもの、生と死の循環へ帰っていくことができる、だから安心して、ということかもしれません。

「君が見る新しい明日の息吹を伸ばした腕に迎える、離さない」
古くなってしまった「今日」ではなく、新しい「明日」をこの手で掴みたいという意味でしょうか。

このアニメの題名である「革命」に通じる部分がありますね。
毎日がだらだら過ぎていく、今日も明日も変わらない停滞感を打破したい。
現状を終わらせて新しい世界へ行きたい。
今の世界の体制を終わらせて、新しくする、つまり革命です。

他にも色々気になるところはありますが、
まだ「革命機ヴァルヴレイヴ」は始まったばかりなので、ひとまず解釈はここまで。
ご拝読ありがとうございました♪
音楽・アニメ 00:18 comments(2) trackbacks(0)
最近のアニメ感想
■ 聖闘士星矢Ω

シャイナ「光牙・・・実はお前に話さなきゃいけないことがあるんだ。」
光牙「なに?シャイナさん」
シャイナ「お前は・・・・本当は光属性じゃないんだ。本当は・・・闇属性なんだよ・・。」
光牙「!」
シャイナ「・・・・・」

光牙「そんな・・・そんな・・だって光属性じゃないと、俺ってヒーローじゃないじゃないか!
なんかレアな光属性だから主人公っぽいのに!?」

シャイナ「光牙・・・・・・」
光牙「なんちゃって」
シャイナ「!?」
光牙「だってバレバレだよ〜。CM入るときにわざとらしく黒いクリスタルが背景でクルクル回るしさ〜。いつそのネタがくるのかって待ちくたびれたよ〜。」
シャイナ「・・・・・」
光牙「闇属性っていうのも中々いいよな〜!必殺技とか、本当の意味で必殺になりそうだし。最近、必殺って言っても相手生きてるもんな〜。」
シャイナ(最近の子供にはついていけないわ・・・。)


オメガ、最初はチラホラ視聴していたのですが、今はほとんど見ていません。昔のセイントが出てくるときは、ちょっとドキドキしてたんですが。


■ソードアート・オンライン

予想外に人気になりました。
注目されている分、アンチなコメントも多いのですが。
ストーリーを端折り過ぎている箇所もありますが、ところどころの演出が上手い。

文庫は新シリーズ、プログレッシブが発売されるそうですが、私は読まない予定です。
あんまりストーリーに矛盾が出てくると興ざめするというか。
寄り道しないでプロジェクト・アリシゼーションを完結させて欲しいです。


■絶園のテンペスト

漫画、まだ途中なのに、どこまでアニメにするつもりなんでしょうか。
中途半端になりそうですね。
シェイクスピアの例の台詞は恰好良かったです。

「世の中の関節は外れてしまった。ああ、なんと呪われた因果か、それを直すために生まれついたとは!」

絶園のテンペストの世界って異世界じゃないんですよね。
微妙にねじ曲がってしまった日常の世界です。
ありえない非日常が現実に起こったら、、、人間は正常でいられるんだろうか。
それとも非日常で生きられる人間ってそもそも正常なのか?

絶園のテンペストの主人公達はそれぞれ微妙におかしいです。
どこか正常じゃない。
でも一体全体、そもそも正常ってどんな状態でしょうか?

それぞれが狂気をさらけ出していく中で、読者、視聴者は自分の中の基準に照らし合わせて、主人公達に異常さを感じます。そうして照らし合わせることで、自分の中の正常について何となく考えるのではないでしょうか。
それが狙いの作品かなと思いました。


音楽・アニメ 22:34 comments(0) trackbacks(0)
ソードアート・オンライン 感想
 7/7〜より放映開始 『ソードアート・オンライン』

原作を読んで以来楽しみにしていたアニメです。
今日第一話が放映されました。

感想は・・・

文句なしの好スタートでした。

原作第一巻を集中的にアニメ化するようで、
第一話はゲームにログインしてから始まりの街を出るまでです。
随所に原作小説には無かったアニメならではのアドリブが効かされています。

まず、映像。
背景は最近のゲームを意識してかなり作りこんでいる感じでした。
監督が取材したという南米の雄大な景色を上手く活かしています。

そしてキャラクターの動きや性格。
「この世界は剣一本でどこへでも行ける、現実より生きてるって感じがする」
というキリトの台詞はアニメオリジナルですが、
キリトの性格とこの作品のテーマを一言に纏めてて良いです。
『ソードアート・オンライン』を見た方が『.hack』と似ていると仰っていましたが、
『.hack』との一番の違いは、多数の人間が死ぬというところにあります。
自分が死ぬかもしれないという異世界にあって、皮肉なことに、ゲームというデジタルな空間で初めて感じられるリアル。
オタクな主人公が現実逃避する点は『.hack』の主人公と似ているようですね。
ただ設定は共通する部分がありますが作品から受ける印象は違うのではないでしょうか。
この作品の主人公は、ちょっと天才肌で正義感を持っている繊細な少年です。
そして「異世界に行って冒険してみたい」という純粋な気持ちが作品の原点です。
その原点を深く掘り下げた部分が差異として今後明らかになっていくことでしょう。
ちなみに、現実で問題を抱えている少年少女が異世界で冒険する物語は、
古今東西ファンタジーの王道です。
--------------------------------------------------------------------------------
 *余談*
 ファンタジーと言ったら、宮部みゆきの『ブレイブ・ストーリー』を
 ナルニアやゲド戦記、国産ファンタジーのロードス島戦記や十二国記や精霊の守り人
 などなどの同列のファンタジーに並べるのに個人的に抵抗があります。
 『ブレイブ・ストーリー』のラストは、全部主人公の夢でした〜という終わり方で、
 え、脇役の気持ちや未来はどうなってるの、
 全部主人公のためだけの話なんかよ・・・と思ってしまいました。
 宮部みゆきのファンタジーを読んでいて感じる違和感は、
 人間が「綺麗すぎる」ということです。
 もっとドロドロとした弱さや醜さもあるだろうと思っちゃうんですね。
--------------------------------------------------------------------------------

最後の草原を走る主人公のシーンは間違いなくアニメ独自の演出です。
文章では表現しにくいキリトの葛藤や姿勢が映像を通して伝わってきました。

この先の展開が楽しみですv

音楽・アニメ 16:23 comments(0) trackbacks(0)
2012年04月22日 Believe in my existence
 ちょっと前まで『カードファイト ヴァンガード』というアニメにはまってました。
Believe in my existenceはアニメの主題歌です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・・・・乾いた風に指をかざして
溜息ひとつのみこんだ

癒えない痛み、未知への不安
僕はここから動けない

光と影の境界線で失くした夢を探すんだ
もう一度、自分をあの場所へ解き放て

明けない夜を数えながら、泣いた日々をずっと忘れない
どんなに未来が遠くても、きっと僕らは負けない・・・・

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

という歌詞なのですが、
この「明けない夜を数えながら、泣いた日々をずっと忘れない」という箇所が好きです。

アニメ自体は子供向けの内容なので、
歌のサビ部分は勇猛でヒロイックな感じです。
大体、こういったアニメは明るい歌詞に終始して、
強気に歌うことが多いと思います。
明るい内容の歌が多い中で暗めの歌詞はちょっと異彩を放ってますね。

しかも、「泣いた日々」を「忘れない」と言っています。

普通メソメソ泣いていたつらい日々なんて思い出したくないでしょうに。
人によってはできるだけ触れないように隠しておくことだってあるでしょう。
それを「忘れない」と宣言することに強さを感じます。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
・・・・心のドアを開いていく、限界を超えてもっと大きく
決意を抱いて走っていく、胸に誓う、もう絶対逃げない

今、この世界に光を、僕らはヴァンガード(先導者)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

光に満ち溢れた世界に栄光を、とは言ってません。
この世界に光を、です。
光が必要だというわけですから、逆に言うと今この世界は暗いわけです。

この歌詞を作った方、歌われてる方がどんな考えかは分かりませんが、
意味深ですねえ。
子供向けのアニメとはいえ、作者は大人。
今この世界をどのように見て、光が必要だと歌っているのでしょうか・・・。
音楽・アニメ 22:21 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1PAGES |