『丕緒の鳥』十二国記
 『丕緒の鳥』を読みました。久々の十二国記です。
以下はネタばれ含むのでお嫌な方はスルーしてください。


正直泣かされるとは思いませんでした。
短編集なのにすごくシリアスで深かったです。

まず表題の丕緒の鳥。

真面目な陶工職人の主人公が真剣に悩んで、民衆の苦しみを分かってほしいと王様に訴えかけるためにわざと血の色を撒き散らす鳥を作って御前に披露したりするエピソードがあります。
王様はご覧になって「なぜこんな惨いものを」と言うだけでした。

意図が伝わらなくてがっかりする主人公に私はとても共感してしまいました。
そうなんですよね、普通の人は陰惨な作品をみて「ひどいなー」「グロいなー」くらいにしか思わないものですよ。

でも芸術家にとっては人の心に訴えかけようとすると陰惨な場面を作るのは避けて通れないんですね。夜闇の中でこそ星が輝くように、悲しさや苦しさを知ってこそ希望や情の温かさを実感できるものなんです。
そんな主人公の想いが、新しい王様に認められる物語最後のシーンはホロリとしました。

あと、落照の獄というお話について。

この話では死刑の是非について議論がされます。
主人公は裁判官で残忍な殺人犯の刑罰を決めなくてはいけない。
被害者の家族も主人公の妻も皆感情的に「人殺しで危険な男だから死刑が妥当、殺しても殺したりないくらい」だと主張するのですね。そしてその主張を裏付けるように殺人犯の男も悔い改める様子は微塵も見られない。

けれど主人公は悩みます。

安易に死刑にしてしまってよいのだろうか?
この決断がもとで他の裁判も死刑が簡単に決まるようになって、
無実の人が殺されるかもしれない。
そもそも死刑にするということは、
どんなに正義のためと言い繕っても人殺しではなかろうか。

悩む主人公は最後に殺人犯の男と会話して結論を出します。
殺人犯の男は「死刑にするならすればよい。俺は人間の屑で獣なんだろう。」とせせら笑い、その様子に無念の想いを持って主人公は死刑を決定しました。
なぜ主人公は無念だったのか、それはこのお話を実際に読んでみてください。

私はこれを読んで、このお話は「ヘイトスピーチ」をしているような人達にこそ読んでほしいなと思いました。最近日本でも路上で「ヘイトスピーチ」をする人達が現れているようです。悪い意味で国際化してますね。

外国人や罪を犯した人達を安易に批判するのは、その人達を理解しようとせずに世界から切り離そうとしているということです。
なるほど、汚いものや都合の悪いものをゴミ箱に放り込んで投げ捨てれば、その時は丸く収まるでしょう。でもそれで本当にすべてが上手くゆくのでしょうか。

昔、わたしたちは幼い頃「自分が嫌だと思うことは他人にしてはいけない。自分がしてほしいと思ってることをしてあげなさい。」と教わりました。
決して間違っていないのですが、国際化の時代に合わせて付け加えておきたいことがひとつ。

それは、
「自分が嫌だ」と思っていること=(イコール)「他人が嫌だ」と思っていること、
「自分が良い」と思っていること=(イコール)「他人が良い」と思っていること、
では無いのだということ。

これだけ国際化&格差社会で色々違う環境で育ってきているんです。
良かれと思ってしてあげたことが本当にその人にとって良いことだとは限りません。良いと思ってしてあげたことがその人に受け入れられないと、つい、相手の育ちが悪いとか常識知らずだとか「自分が正しい、相手が自分と違うから駄目なのだ」と思ってしまいます。

コミュニケーションって難しいですね。

読書 20:12 comments(0) trackbacks(0)
オブリビオン
 映画『オブリビオン』を見てきました!
面白かった〜〜。

そしてこの記事はオブリビオンの感想かと思いきや、
全然まったく違う横道に入ります。

オブリビオンが終わったあと、映画『風立ちぬ』の予告篇が流されたのですが、気になって、家に帰って零戦について調べてたんですね。
それで零戦で有名な人物についてwikiを漁っている内に、こんな人がいたんだ、という発見をしたんでご報告を。

零戦のエースパイロットで『大空のサムライ』の著者、坂井 三郎さんです。
知ってる人は知ってると思いますが、私は大空のサムライのタイトルくらいしか聞いたことが無かったので、wikiを読んで興味深く思いました。

以下気になったところのピックアップです。

--------------------------------------------------------
坂井機は回避もままならないままSBDの7.62mm後部旋回連装機銃の集中砲火を浴びた。その内の一弾が坂井の頭部に命中、致命傷は免れたが右側頭部を挫傷し(そのため左腕が麻痺状態にあった)計器すら満足に見えないという重傷を負った。

坂井は被弾時のショックのため失神したが、海面に向けて急降下していた機体を半分無意識の状態で水平飛行に回復させている。一時は負傷の状態から帰還は無理と思い敵艦に体当たりを考えたが発見できず、帰還を決意した。まず止血を行い出血多量による意識喪失を繰り返しながらも、約4時間に渡り操縦を続けてラバウルまでたどり着き、奇跡的な生還を果たした。
--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
飛行機を上手に操縦することが誇りであった彼の自慢は「ただの一度も飛行機を壊したことがないこと」、「自分の僚機(小隊の2・3番機)の搭乗員を戦死せしめなかったこと」であり、撃墜スコアではないことは彼の著作に何度も書き記されている。また低燃費航行にも長けており、最小燃費の最高記録保持者を自負していた(そのため、一番燃料を喰うと悪評の戦闘機を割り当てられ、フェリーさせられる羽目になった。しかしその悪評は、それまでの搭乗者の技量に原因があったもので、坂井はその機体で他の機体と変わらない立派な低燃費航行をして見せた)。

この坂井の撃墜技術は上記の技術や視力以前に「どんな手段であろうと敵機を撃破し、且つ生還し、また飛ぶ」と明快なもので「(空戦では)撃墜したら勝ちで、撃墜されたら負け」「挽回しようにも死んだら次が無い」といった当然の持論が撃墜王を撃墜王たらしめる所以と見られる。また搭乗機の特性や性能、能力を限界まで把握し(1000馬力は1000馬力しか出ない)、その範囲内で最大限戦うという至極当たり前の方法だった。
--------------------------------------------------------

こんな人が実在したんだと思うと感慨深いです。
上記で一番良いなと思ったのは、”飛行機を上手に操縦することが誇りであった彼の自慢は「ただの一度も飛行機を壊したことがないこと」、「自分の僚機(小隊の2・3番機)の搭乗員を戦死せしめなかったこと」”ですね。
特に仲間を死なせなかったというのは、すごいことだと思います。
この人の元同期の方々にとっては、幸運なだけの迷惑な人だったのかもしれないですが、運も実力のうちだと捉えるなら本当に凄い人だったんだな。。

↓引用元・Wikipediaの坂井三郎ページ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E4%BA%95%E4%B8%89%E9%83%8E

読書 19:06 comments(0) trackbacks(0)
『魚舟・獣舟』上田早夕里
 -----------------------------------------------------------
 老人は言った。

 もうすぐおまえたちも結婚し、子供を作れる歳になる。
 だから覚えておきなさい。

 我々の一族の女は妊娠すると必ず双子を産む。
 双子のいっぽうはおまえたちと同じようにヒト型だ。
 だが、もういっぽうは魚の形で生まれてくる。
------------------------------------------------------------

魚の兄弟がいるなんて、ファンタジックで素敵な話だと、ちょっと思ってこの本を買ってしまいました。実際はファンタジックどころか、SFだったわけですが。

科学技術の発展した未来で、必ず私達は『人類の絶滅』という危機に立たされます。
多くのSFの舞台が荒廃した砂漠の星だったりして、遺跡には旧人類が残したコンピュータがあったりします。
そんな遺伝子操作やらITの進歩やらが行きつく先はひどく原始的な世界で、そこには人智の及ばない深い森や異常発達した動植物や、街を呑み込んだ海が描かれていることが多くないですか?

どんなに技術が進歩しても、人間は自然に帰りたいと思っている・・・
そんな気がします。

もし自分に実は双子の兄弟がいて、その子が魚だったらと考えると不思議な感じがします。どんなに離れても人間は自然の一部で、独立したように見えても生態系という大きなシステムの前には抗えなくて、反抗していても自然という絶対者に守られているようで実は心地良いと感じるからかもしれません。

いきがって見せても不安で、倫理やモラルなんかの理屈を並べて、自然から離れて生きていくことに危機感を抱いている現代社会の大人達は、自然という偉大な神様にとって手の掛かる子供なのかもしれませんね。


読書 22:59 comments(0) trackbacks(0)
2012年05月06日 『草枕』
 【この本について取り上げた理由】

「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。情(じょう)に棹(さお)させば流される。意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。とかくに人の世は住みにくい。」

冒頭のこの文章をふと思い出した。
実は有名な『草枕』を一回も読んだことがない。
でもこの文章だけはよく覚えている。

ちなみに続きは、
「越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくい所をどれほどか、寛容(くつろげ)て、束(つか)の間(ま)の命を、束の間でも住みよくせねばな らぬ。ここに詩人という天職が出来て、ここに画家という使命が降(くだ)る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故(ゆ え)に尊(たっ)とい。」
というように続く。

どういう意味かというと、
理詰めで考えすぎても感情を優先し過ぎても人間関係はうまくいかない、とにかくこの世界は本当に生き難い・・・そんな世界だからこそ夢で人の心を安らかにする芸術が尊いのだ・・・
ざっと訳するとこんな感じになる。

夏目漱石先生には本当に共感する。


【共感する理由】

どれだけ学校の成績が良くても、知識があっても、
仕事に役立つかは分からない。
勉強した知識を人前でひけらかすと出る杭として打たれることもある。

だからと言って
「貴方の方が正しいです」とおもねっていると、
リーダーに実力がない場合よろしくない。
ずるずると流されると悪事に加担してしまうことだってある。

信念を貫き通し、正しいことを主張したとする。
周囲が同調してくれる場合は良い。いや、周囲を従わせるのもどうかと思うが。
自分が正しいと思っていることが、
常識という分厚い壁に阻まれることだってある。
ガリレオ・ガリレイのように
「E pur si muove(それでも地球は動く)」と貴方は言えるだろうか。

本当は誰だって正しい。
皆が一生懸命なのだ。

ちょっと身動きすれば誰かの足を踏んでしまいかねない、
満員電車のようなこの世界は窮屈極まりない。


【芸術とは】

『草枕』で有名なのは冒頭の文章だが、漱石先生はなにもこの世界への不平不満を小説に込めた訳ではないと思う。
肝心なのは続きの部分「あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにする」だろう。
どうやらこの小説は「芸術とは何ぞや?」を語るものらしい。

ちょっと読んでみようかなあと思う今日この頃。
読書 22:22 comments(0) trackbacks(0)
2012年4月14日『リトル・トリー』
 『リトル・トリー』 フォレスト・カーター (著), 和田 穹男 (著)


【この本について取り上げた理由】

「―――愛することは、理解することだ。」

最近このセンテンスを思い出して、気になっていた。
中学か高校時代に読んだ 『リトル・トリー』の、この短いセンテンスが、
本を読んだときにはよく分からず、首を捻ったおぼえがある。
今になって、その意味を考えて、少し分かった気がした。


【理解すること】

愛の反対は憎悪ではなく、無関心だとマザー・テレサは言ったそうな。
日常で色々な人と接する中で、どうしても馬が合わない、
理解しあえない人々と出会うことがある。

どうして理解されないんだろうか・・・・
どうして仲良くできないんだろうか・・・
相手の好きなものを好きになれず、相手が自分の好きなものに無関心だと、
心底悲しい気持ちになる。

逆に相手が自分の好きなものに興味をしめしてくれると、とても嬉しい。
言葉にしない心遣いに気付いて、感謝して貰えると、良かったなと思う。


【赦すこと】

知らないひとと食事をして、相手がマナー違反な行動をしたとする。
たとえば、スープをこぼしてしまったり・・・
お店のひとに文句を言ったり・・・
そこで「ゲッ、この人ちょっとおかしい」と思ったら、
その人とは永遠に分かりあえない運命かもしれない。

でも「この人ちょっと可愛いな」と思ったら、
その人は一生を共に過ごせるひと、あるいはごく親しい友人になるかもしれない。

思うに、相手の短所を「しょうがないな」と微笑ましく感じること、
赦すことが自体が好きであるということの証明なのだ。

そして何故、赦すことができるかというと、
それがその人の短所であり、長所でもあるということを、
本能の深いところから理解しているからだと思う。


【愛すること】

好きなひとのことは、もっと知りたい。
自分のことも知ってほしい。
自分の短所も長所も含めて受け入れてもらうこと、
相手の駄目なところも含めて受け入れること。

自分と異なる環境で異なる価値を持って生まれ育った、
自分と違う個性を理解し、尊重すること・・・・
理解=愛すること。

昔読んだ本のことを思い出して、そんな感想を持った今日このごろ。
読書 22:20 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1PAGES |